チョコレートダイエット

チョコレートでダイエット?

ダイエットするといえば「食べる量を減らす(食べない)」「サプリメントを飲む」「運動する」が思い浮かびます。摂取カロリーを減らす事がダイエットをするには適しているとされているのですが、高カロリーの代名詞と言われるほどのチョコレートがどうしてダイエット食品になるのでしょうか。もちろん、コンビにやスーパーで一般的に売っている甘いだけのチョコレートでは痩せる事はチョコレートダイエットには適しませんが、ある条件をクリアすれば夢のようなダイエット食品に変身するのです。その条件とはチョコレートにおけるカカオの含有率です。この含有率が高ければ良いのですが、一般に売られているメジャーな商品はカカオ含有率が30%から40%と言われています。でも、ここ数年でカカオポリフェノールブーム、いわゆるダイエットブームに乗ってなのでしょうか、各お菓子メーカーや、有名パティシエのプロデュースするお店でも、カカオ含有率の高い商品が次々と世に送り出されています。ちなみに、ダイエットに適したカカオの含有率は70%以上と言われますので、お店に行ってすぐ購入できるという品物ではないですし、人気の為かすぐには手に入れられないのが現状のようです。この70%というカカオ含有率がチョコレートダイエットを可能にするようです。

このサイトの上手な使い方

このサイトは下の検索窓に「チョコレートダイエット」に関連する情報を入力し「検索」する事で、様々なコミュニティサイトから知りたい情報をピックアップしてくれます。


スポンサードリンク

チョコレートでダイエットできる理由

そもそもチョコレート自体はダイエットに適した食材であるという事は、番組で紹介されるまで一般の人は分からなかったでしょう。70%を超えるカカオを含んでいるチョコレートというか、そもそもカカオにはカカオポリフェノール、タンニン、食物繊維が含まれています。これらを食前に摂取する事で血糖値が上がり、結果満腹中枢が刺激されます。この原理を利用して食事の量をコントロールしようというものなのです。また、含有率70%というダイエットには必須の条件と、もう一つ重要な必須条件があります。それは摂取量です。チョコレートダイエットに適した1日での摂取量は50gと言われています。ゆっくりと噛んで、ゆっくりと体内へ取り込む意識で摂取して下さい。カカオの量が多い事から普段は感じない苦味を感じたりしますので、前もって慣れておく必要はあるかもしれません。摂取量によっては、カカオには気管支拡張作用や利尿作用、興奮作用などがあるので注意して摂取するようにして下さい。

100%カカオ食べてみました番外編

100%カカオでチョコレートダイエットと行こうと思い食べてみたところ感じたのは苦さだけでした。100%ですからね。砂糖が入っていないんですから。しかもやや高め。チョコレートダイエットに適したチョコレートというか、ダイエットに適したダイエット食品をと思い、ダイエット食品の初級編としてチョコレートダイエットにチャレンジしてみましたが、ダイエットってこういうものなんですね。良薬口に苦しとはこの事でしょうか。