バットの握り方ひとつでスイングが変わる!その握り方でだいじょうぶ?

野球

バッティングを上達させるために行う対策として意外と見落とされがちなのが「バットの握り」です。この握り方ひとつで、バットスィングに大きく影響してくる事は、悩んだ人にしか分かりません。

意外と、気にもせず、人に聞いたり教わったりする事がない「バットの握り方」について解説していきます。

 

一般的には2種類の握り方

パームグリップ

パームグリップは手のひらの真ん中で握るバットの握り方です。一般の大多数がこの握り方でバットを振っています

この握り方のメリットは、手のひら全体を使ってバットを握るため、ボールをとらえた際の衝撃に負けないだけのパワーをバットに伝えることができることです。パワーヒッターに多い握り方です。しかし、手のひら全体でバットを包み込んでしまっているため、バットと手のひらの間に「遊び」がなくバットコントロールがしずらいというデメリットもあります。

フィンガーグリップ

フィンガーグリップは指先(第一関節から第二関節の間あたり)でバットを握るバットの握り方です。

この握り方はパームグリップと違いバットと手のひらの間に「遊び」ができ、手首の可動域が広がります。そのため、バットコントロールがしやすくなる事が最大のメリットとなります。(常に指先だけで握って行うわけではないですが)インパクトの瞬間にバットを強く握るというスイングになるため、インパクトのタイミングがずれると、ボールをとらえた際の衝撃に負けてしまう可能性があるというデメリットがあります。

私は、このフィンガーグリップで握っていましたので、以降は、フィンガーグリップでの握り方について詳しく解説したいと思います。

バットをコントロールしやすい握り方

バットをコントロールしやすい握り方としてフィンガーグリップという握り方を紹介しました。ここからは、このフィンガーグリップでどのようにバットを握るのか解説したいと思います。

バットを握るときは指先で握る意識で

フィンガーグリップでバットを握るという事は、バットを握る際に指先で握るということを意識して握る事になります。それでは握るときの手順を解説します。

引き手(引き手とは右バッターなら左手、左バッターなら右手)

引き手の手のひらを開きます。
小指、薬指、中指の第一関節、第二関節の当たりにグリップを置きます。
小指から、薬指、中指の順に握ります。人差し指親指は添える程度でOK。

押し手(送り手とは逆で、右バッターなら右手、左バッターなら左手)

①押し手の手のひらを開きます。
②小指、薬指、中指の第一関節、第二関節の当たりにグリップを置きます。
③小指から、薬指、中指の順に握ります。人差し指親指は添える程度でOK。

※押し手(右バッターなら右手、左バッターなら左手)のみをフィンガーグリップにした方が良いと言う方もいます。理由は、バットを握る力がなくフニャフニャになるからだそうです。

握り方で力み(リキみ)具合が分かる

私は、両手とも構えている時はフィンガーグリップでした。理由は、力んだ(リキんだ)時には手首がガチガチになってしまうので、振りだすまでは意識的にフニャフニャ状態にしていました。

「バットは引き手で振る」という意識の上でバットを振っていたので、バットを振りだす瞬間は当然グリップを強く握りることになります

一方、押し手はバットのヘッドが寝てしまわないよう(いわゆるヘッドを立たせる)コントロールするためのサポート、そしてボールに負けないようヘッドを素早く返すために使用する手なので、フィンガーグリップは理にかなった握り方といえると思います。

まとめ

2種類の握り方とその特徴

パームグリップ
パワーを伝えやすい握り方
フィンガーグリップ
バットコントロールを重視した握り方
自分が目指すバッティングスタイルと目的によって握り方が変わる

握り方ひとつで手首の可動域が変わり、バット、ボールへの力の伝わり方が変わるので、自分に合った握り方を見つけて下さい。

コメント