正しくバットがスイングできた時の感覚を覚えよう!

野球

中学までは、監督に「大振りするな!コンパクトに振れ!」「バットは上から下だ!」などとよく言われたものです。しかし、なんとなく解釈して本当の意味が分からなかった人が多いようです。

ここでは、バッティングフォームではなく効率的なバットの振り方(上半身のみ)の解説をします。

 

重いバットを振ってみよう

重いバットを振ろうとした時、みなさんはどのように振るでしょうか?

もし、力任せに振った場合、正しい振り方が身についていない人は、100%といって良いくらい「ドアスイング」になります。

関連ページ

バッティングを上達させるにはパワーが先か?技術が先か?
どんなスポーツでも同じ疑問に行きつくと思いますが、上達する近道として「パワー」を推奨する指導者が多いように感じます。効率的にバッティング技術をあげるためには「パワー」なのか「技術」なのか。 このことについて考えてみたいと思います。
劇的にスイングを変える腰の使い方
バッティングは、いかに効率よくボールまでバットを運び、いかに効率よくボールにパワーを伝えるかが勝負です。 これから説明する「下半身の動き」を理解する事で、上半身でコントロールされたバットにスピードとパワーを増幅させ、伝えることが可能となります。

「ドアスイング」とは

ドアスイングとは、バットのヘッド(頭)が遠回りするスイングのことで、一般的に「悪」とされているスイングです。俗に「大振りするな!」というのは「ドアスイングになってるぞ!」とほぼ同じ意味になります。

それでは、ダウンスイングで軽く振ってみてください。

「ダウンスイング」とは
ダウンスイングとは、バットのヘッド(頭)をトップ(最上部)からミートポイントまで最短距離で(上から下に)振るスイングのことをいいます。
他にも、レベルスイング、アッパースイングがありますが、筋力が伴わない場合、バットのヘッドが波を打つ可能性が高くなります。レベルスイング、アッパースイングの解説はまたこんど。

1.バットを片手で持ちます。
(右バッターは左手。左バッターは右手)

2.バットのヘッド(頭)をトップ(最上部)に保ちます。

3.グリップエンドを目標となる場所(ミートポイント)に
最短距離でぶつけるような感覚で軽く振る。

このとき注意しなければならないのは、体を中心にバットを回転させるないこと。ドアスイングになってしまいます

効率的にバットが振れると、手首(右バッターの場合は左手首。左バッターは右手首)を中心にヘッド(頭)が重力と遠心力で勝手にまわっていく感覚が得られると思います。

この感覚がバットの重さを利用してバットが振れている感覚です。

自分のバッティングフォームに合わせてみる

次は、自分が普段バットを振っているフォームに
先ほどの感覚が得られるよう軽く振ってみます

軽く振っても、手首を中心にヘッド(頭)の遠心力でバットヘッドが回っている感覚が得られれば、それがバットの重さを利用した効率的な振り方になります。

気づくとインサイドアウトっぽくなっている?

さらに、トップの位置からグリップエンドをミートポイントにぶつけるようにバットを振り出し、そのあとヘッドが勝手にまわっていくように感じることができたら、それはほぼインサイドアウト。

自分で力づくでヘッドを回そうと思わなくても、勝手にまわるのです。

ということは、バットの重さを上手に使った振り方ができれば、自然とインサイドアウトになるということが分かってもらえたと思います。

この振り方(感覚)を習得することなくパワーに任せて振っているうちは、バットの重さを上手に利用した効率的な振りかたにはなりません

インサイドアウトとは
インサイドアウトとは、インパクトするギリギリまでバットが体から離れず、インパクトの瞬間にバットがボールに向かって出てくるスイング

誰もが習得したいスイングです。

インサイドアウトについてはまたこんど。

まとめ

バットの重さをうまく利用したバットの振り方とは?

正しいバットの振り方を身につけないまま、
重いバットを力任せに振った場合「ドアスイング」になる
ドアスイングとは、バットのヘッド(頭)が遠回りするスイングのことで、一般的に「悪」とされているスイング
バットの重さを上手に使った振り方を突きつめていくと、おのずと、インサイドアウトが身についてくる

 

 

コメント