インコース嫌い必見!インコースはこうやって克服する!

野球

インコースは「打てない」「いつもつまってしまう」「当たってもボテボテのゴロになる」「いつもファールになってしまう」
そんな悩みを持っている方も多いと思います。プロ野球選手でさえ容易に習得ができないのですから無理もありません
そんなインコースですが、きっちりととらえる事ができれば、長打になりやすいコースでもあります。
ここでは、そんな悩みを解決するため、インコースを打つコツを解説します。

インコースは前で打て!

「インコースは前で打て!」とよく指導されますが、理由は、前で打つことで、向かてくるボールに負けない角度でバットを当てるためです。

内角に速い球を投げられると、つまってしまい、ボテボテの凡打になってしまいますが、逆に、内角の速い球をきっちりとらえることができれば、長打となるコースに打球が飛びやすいのが内角です。苦手を克服する事ができれば、逆に長打を量産する事ができるチャンスが広がるという事です。

「インコースは前で打て!」を否定する指導者もいる

 

「バッティングはタイミングがすべて!バットを振りだすタイミング」で「インコースは前で打て!」と解説していましたが、中には「インコースは前で打て!」を否定する指導者もいます

関連ページ

バッティングはタイミングがすべて!バットを振りだすタイミング。
打率を上げるためには、得意コースを確実に打ち返せるスキルを付けるのはもちろんですが、苦手なコースを潰していく必要があります。バッティングがタイミングである理由を解説しながら、タイミングの取り方のコツを紹介します。

 

それは、単なる始動の速さだけでインコースに対応をした場合、バットが早く体から離れてしまうため引きつけてボールを振ることができませんボールに緩急をつけられたり、変化球を投げられたりすると、対応できなくなってしまうからです。

インコース打ちは「センター返し」を意識

もし、インコース対策に行き詰っているようなら、「インコースはセンター返し」の意識で打つ練習をする事をお勧めします。

理由は、バットには「芯」があり、そこに当てる事で小さな力でも速く、遠くへ打球を飛ばすことができると解説しました。

バットの「面」を一番広く使える場所はピッチャーからキャッチャーを結んだ直線と垂直な時であり、「センター返し」の角度でボールをとらえる事ができれば、小さな力でも強く、遠くへ飛ばすことができるのです。

「センター返し」の面をインコースのボールにぶつけるには、インコース打ちをする為の特別な練習(対策)をする必要があります。

構えたバットをトップの位置から「センター返しする面」まで最短でバットを持っていくには、「引き手」(右バッターなら左手、左バッターなら右手)の肘をたたんだまま振る必要があります。例えると、引き手の肘を自分のお腹のまわりに沿わせてスライドさせ、切腹するような感じでバットを振ります。

実際にやってみると分かりますが、非常に窮屈なスイングをしなければ最短でバットを運ぶ事ができません。さらに、「押し手」(右バッターなら右手、左バッターなら左手)は、添える程度の動きしかできませんので、「押し手」からの力はほとんど与えられません。しかし、インコースのボールを打てるようになると「押し手」でバットを返さなくても、よく飛んでいくことに気付くとおもいます。よく飛ぶので一種の快感を覚え、インコースが好きになるバッターも少なくはありません

インコースは腰で打て

前項では、肘をたたんで振る事で、構えたバットをトップの位置から「センター返しする面」まで最短でバットを持っていくことができると解説しました。
しかし、「押し手」はバットを添える程度の動きとなるため、力をほとんど加えられないというデメリットも忘れてはなりません。
そこで重要となるのが、腰の使い方です。この腰の使い方もインコース打ちには重要な要素となります。この腰の力を利用する事で、さらに、強く、遠くへ飛ばすための力を伝える事ができます
インコースを打つ際の腰の使い方は、スイング(上半身の運動)が開始されミートポイントを迎える前に、ピッチャー方向に腰を入れる(骨盤を回転させる)事です。これが遅れてしまうと、上半身の回転で得られる力が効率よくバットに伝えられません。

関連ページ

劇的にスイングを変える腰の使い方
バッティングは、いかに効率よくボールまでバットを運び、いかに効率よくボールにパワーを伝えるかが勝負です。 これから説明する「下半身の動き」を理解する事で、上半身でコントロールされたバットにスピードとパワーを増幅させ、伝えることが可能となります。

インコースは引き手でさばく

「引き手」をたたんだままバットをコントロールするインコース打ちでは「押し手」からの力はほとんど伝えられない事をお伝えしました。というより、この打ち方の場合は強く打ち返すというより「さばく動作」という表現が適切かもしれません。また、逆に、「押し手」で強く打ち返そうとした場合「さばく動作」とならず、無駄な力が入ってしまうので注意が必要です。インコース打ちは「引き手でさばく」感覚をいちはやく掴むことが、インコース打ちを上達させるカギとなるでしょう。

まとめ

インコースは「センター返し」を意識

バットの面(芯)を一番広く使える

インコースは「腰で打て」

上半身の回転(スイング)の力を効率よくバットに伝えられる。

インコースは「引き手でさばけ」

「押し手」で強く打ち返そうとした場合「さばく動作」とならず、無駄な力が入ってしまう。

コメント