アウトコースへの苦手意識を無くすための考え方・練習方法

野球

アウトコースがすんなり打てるようになると、打率が飛躍的に向上します。
「配球に困ったらアウトコース低めに投げておけば良い」というように、多くのバッテリーがアウトコースを中心に配球を組み立てていくからです。という事は、必然的にアウトコースのボールで勝負しなければならない場面が増えてくることになります。もちろんどのようなコースのボールでもミートできる技術は必要ですが、ここでは、アウトコースに対する苦手意識を無くせるよう対策していきたいところです。

アウトコースは「引きつける」「おっつける感覚」で打つ!

「バッティングはタイミングがすべて!バットを振りだすタイミング」で「アウトコースは引きつけて打て!」と解説しています。その他、よく、アウトコースの打ち方として「おっつけ」という表現がよく使われます。私も中学生の頃は「おっつけろ!」というように指導されてきました。高校になり、アウトコースを苦にしなくなってから思ったことは、「おっつけ」が正解でもあり、間違えでもあると気付きました。

そもそも昔教わった「おっつけ」とはどういう意味なのでしょう?

「おっつけ」とは、アウトコースのボールを逆方向へ「押し出す」ことを言います。

実際、アウトコースを逆方向へ「押し出して」打った場合どうなるかというと、押し手(右バッターは左手、左バッターは右手)の肘が伸び切ってしまったり、体が泳いで前のめりになってしまう傾向にあります。

これでは、うまくミートしたとしても外野の頭を越すような打球は飛ばせません。

私がいう「おっつける感覚」は、真ん中のコースを打つのと同じスイングで「手首を返さず」バットをぶつけるようにスイングすることを指します。すると、フォロースルーは自然と押し出すように見えます。

このように振る事で、アウトコースのボールでも、真ん中を打つときと同じように腰の入った力強いスイングをする事ができます。

もし、ここで手首を返そうという意識が強くなると、高い確率でボテボテの内野ゴロなってしまうので注意が必要です。

※「おっつける」と表現すると、押し出して肘を伸ばそうという意識が強くなってしまうため「おっつける感覚」としました。

アウトコースが苦手意識を持ってしまう理由

アウトコースはインコースと違い、ミートポイントがキャッチャーよりになるので、長い時間ボールを見ることができるというメリットがあります。
一方、インコースと違い、自分のから遠いボールを打つことになるため、早いタイミングで振り始めてしまうとバットが届かなくなってしまったり、自分から遠いため、ボールに手を出してしまったりする確立が高くなるというデメリットもあります。

これが、アウトコースに苦手意識を持ってしまう原因です。

実は、他にも原因があります。

それは、振り出したバットが届く範囲を把握していないため、届かない範囲のボールにも手を出してしまうからです。
物理的にバットの芯が届いていないのだから、打ち損じたり、強い打球が前に飛ばないのも当然です。

さらに、普段と同じような体勢で、腕の伸縮だけでバットを届かせるような打ち方をしている場合、アウトコースが打てるようになってもインコースへの対応ができなくなる恐れがあるので注意が必要です。

これを解消するには、普段のバッティング練習、特に、ティーバッティング等でバットの芯が到達できる範囲を把握し覚えておくことで、振るべきボール、見送るべきボールを見極める力を養う必要があります。
また、腕の伸縮だけでバットを届かせるのではなく、しっかりボールの方向に踏み込んだり、上半身をボールの方向に倒すなどして、体全体でボールをとらえる。要するに、体をボールに寄せて打つ練習も必要です。

アウトコースはどのように練習したらよいか

練習方法はどのようにするのかというと、インコースと違い複雑なスイングは必要がないので、特別な練習は必要ないと考えています。しかし、前述のように、アウトコースのボールに腕だけで対応する様なバットの振り方は矯正しなければなりません。(この場合は、インコースが打てなくなる恐れがあります。)

では、どのように練習したら良いか。

まずは、力強いスイングでボールをとらえられる範囲を、素振りやティーバッティングで覚えましょう。

あとは、タイミングです。

以上です。

正直なところ、アウトコースに関しては、明確なあるべき形、練習方法はないと思っています。

自分なりに工夫した練習と言えば、フリーバッティングでオープンスタンスで立ってみたことぐらいでしょうか。

これで打ってみると気付くと思います。

踏み込まなければバットが届かないと。

床に落ちているボールをひろう時、腕だけ伸ばしてもボールには届きませんが、ボールに向かってひざを曲げ腰を曲げることで、やっとボールに到達できることは、細かく説明しなくても分かると思います。これは、練習により身に付くものでは無いですよね?

これと同じように、ボールに向かっていく気持ち、ボールを芯でとらえたいという気持ちがあれば、腕だけに頼るのではなく、自然とボールの方向へ踏み込んだり、自然と上半身をボールの方向へ倒したりするようになっていきます。

コメント