バッティングはタイミングがすべて!バットを振りだすタイミング。

野球

あなたはインコースが好きですか?
それともアウトコースが好きですか?
高めが好きですか?
それとも低めが好きですか?

打率を上げるためには、得意コースを確実に打ち返せるスキルを付けるのはもちろんですが、苦手なコースを潰していく必要があります。

苦手なコースは引っかけたり、つまったりして、ボテボテのゴロやフライになってしまう事が多いはず。

なぜそうなってしまうのでしょう?

答えは「タイミング」にあります。

どんなコースでも、同じタイミングでバットを振りだしていたら、振り遅れたり、つまらされたりします。

理由を解説しながら、タイミングの取り方のコツを紹介します。

なぜバッティングはタイミングと言われるのでしょうか?

どんなに素晴らしい完璧なスイングをしても、ピッチャーが投げていないのにスイングしたり、ボールがミットに収まってからスイングしていては、
ボールはバットに当たりませんよね?

そんなの当たり前と言われるかもしれません。

どんなに素晴らしい完璧なスイングをしても、
投げられたボールと逆方向の大きな力を加えることができる角度(バットの面)でバットを当てなければ打ち返す事ができません。

バットには「スイートスポット」とよばれる「芯」があり、小さな力でもそこに当てることでボールを速く、遠くへ飛ばすことができます。

そして、振りだされたバットの力が最も大きくボールに伝わるのは、ボールが向かってくる方向から直角にバットが当たった時(入射角が直角)となります。ですので、より直角に近い場所でボールをとらえる必要があるということです。

なぜタイミングなのか?

・芯にあてるため
・ボールの方向に対してバットをより直角にあてるため

にタイミングをとる必要があるからです。

関連ページ

ティーバッティングは本当に必要なのか?
ティーバッティングはトスバッティングと並んで、どこのチームでもスタンダードな練習メニューのひとつとなっています。2人で練習できることもあり、フリーバッティングの前のスイング確認や、全体練習後の自主トレーニングなどで行われています。 しかし、このティーバッティングが不要というプロ野球選手もいるようです。 ティーバッティングは本当に必要なのか?

コース別のタイミングの取り方(初級編)

タイミングの取り方は人それぞれですが、

苦手意識を克服するためのコース別のタイミングの取り方を解説します。

高め・インコースは早めの始動がコツ

よく「インコースは前で打て!」とよく指導されます
なぜ前で打たなければならないのでしょうか?

自分の体よりピッチャーよりの場所にバットの面を持っていかなければ、向かってくるボールに対して直角に当てることができないからです。

一方、高めはなぜ始動を速くしなければならないのか?

高めは意識的にバットを高い場所から振りおろす意識で打たなければ打ち返すことができません

バットを構えている時、トップの高さより明らかに高いボールに手を出す事は一般的に考えられません。(ボールを打つ必要がないので)しかし、微妙な高さのボールを打つ場合、そのまま振りだしては、アッパースイングに近くなってしまいます。

タイミングの点でいうと少し意味合いが変わってしまいますが、高めを打つコツとして、初動でバットを寝かせてから振りはじめる(振りはじめる始動より早い)と、アッパー気味のスイングになる事が防ぐことができます。

低め・アウトコースは遅めの始動がコツ

よく「アウトコースは引きつけて打て!」と指導されます。

引きつけて逆方向に逆らわず打つ事がセオリーでありベストな打ち方と言えます。

理由は、引きつけなければ物理的にバットが届かない為、イミングが早いと当てる事がやっとで、バットが体から離れ過ぎてしまい泳いでしまいます。結果、ボールに強い力を伝えることができません

低めのボールは、構えた状態からバットを最短距離で振りおろすことができるので、ボールをより引きつけることができるからです。

タイミングの点でいうと少し意味合いが変わってしまいますが、低めを打つコツとして、初動でバットを立たせてから振りはじめると、スムーズに振りおろすことができるので、さらに引きつける事ができます。

まとめ

ここでは、バットを振りだすタイミングについて解説しました。

バットには「スイートスポット」とよばれる「芯」があり、小さな力でもそこに当てることでボールを速く、遠くへ飛ばすことができる。
どんなに素晴らしい完璧なスイングをしても、
タイミングが合わなければバットに当たらない。
どんなに素晴らしい完璧なスイングをしても、投げられたボールと逆方向の大きな力を加えることができる角度(バットの面)でバットを当てなければ打ち返す事ができない。

 

そのためにタイミングが必要。

始動のタイミングは

高さが高くなるにつれて早く、低くなるにつれて遅く
インコースになるにつれて早く、アウトコースになるにつれて遅く

 

番外

高くなるにつれバットを寝かし、低くなるにつれバットを立てる

コメント