劇的にスイングを変える腰の使い方

野球

バッティングは、いかに効率よくボールまでバットを運び、いかに効率よくボールにパワーを伝えるかが勝負です。

これから説明する「下半身の動き」を理解する事で、上半身でコントロールされたバットにスピードとパワーを増幅させ、伝えることが可能となります。

上半身だけではパワーは生み出せない

これまでは、握り方や、振りだすタイミングなど、上半身の動きを中心とした解説をしていました。

それはトスバッティングの解説で説明しましたが、

トスバッティングは時間のムダ?
トスバッティングは、小学生からプロまで、必ずと言っていいほど行われている練習メニューですが、やればやるだけ時間のムダになってしまいがちな練習になってしまう可能性がありますが、本当にムダな練習メニューなのでしょうか?
苦手を克服!得意を伸ばす!いつものトスバッティングを自分なりに進化させよう!
トスバッティングの時間をムダにしないために、どのようにトスバッティングをしたら良いのかを考えてみたいと思います。正確なバットコントロールを習得するためにも、是非参考にしてみてください。

こと、ボールにバットを当てるためだけに関しては、上半身の動き(特に腕、手首)によってコントロールされる部分が大きいからです。

 

「バットは腰で振れ!」と言われる理由

 

「腰が回ってないよ!」という指導者がいます。これは「バットは腰で振れ!」と同じ意味になりまが、この意味が分からず、上半身の力だけでバットを振っている方をよく目にします。

メジャーリーグのホームランバッターは、体つきも派手ですし、スイング自体も上半身の動きが派手なので、上半身だけで打っているように見えてしまうためなのでしょう。肩、腕の筋力が強ければ、軽くバットを振ることも可能ですが、上半身で力づくバットを振ろうとした場合、ドアスイングになり、バットには上半身のパワーしか伝えることはできません。いわゆる「手打ち」いうものです。
しかし、上半身だけで打っているように見えるメジャーリーグの選手も、よく見ると、下半身と上半身を連動させてバットを振っていることに気づくはずです。

もし、それに気づけないのであれば、何度もVTRを見ることをオススメします。

下半身から始動して、そのあと上半身へとパワーを伝えていく。
よいスイングは下半身をうまく使うことでバットに体重を乗せることができ、下半身の動きに連動して、上半身が勝手に動いていきます。
「バットは腰で振れ!」と言われるのはそのような理由からなのでしょう。

下半身からの始動は体のねじりを作る

スイングの際に下半身から始動させると、おのずと体のねじりが作られます。
このねじりは、上半身を一気に回転させる起爆剤となります。
実際の下半身の使ったバットスイングはこうです。

1)バットをトップのポジションに保ちながらテイクバックを行います。

このテイクバックの際、後ろ足(右バッターなら右足。左バッターなら左足)に体重を移動させます。後ろ足の股関節に体重がかかっている感覚があればバッチリです。

2)その後、上半身はそのままで、後ろ足に乗った体重を前足(右バッターなら左足。左バッターなら右足)に体重を移動させていきます。

この前足への体重移動の際は、体が開いてしまわないよう注意が必要です。前足のつま先と膝を後ろ足の方へ向けるように意識すると、前足ももの内側に力が入り、前足で移動してきた体重を受けとめることができます。これが「壁をつくる」という動作です。この壁をつくる動作は、その後の腰の回転(骨盤の回転)を鋭くさせ、スイングスピードを加速させる効果があります。

3)(上半身はそのままで)移動してきた体重を「壁」で受けとめ、腰を回す(骨盤を回す)動作に入ります。

この時、上半身と下半身のねじれが最大になります。

4)腰を回転(骨盤を回転)させます。すると同時に上半身が連動して動き始めます。
5)4)の動作に連動させ、送り手(右バッターなら左手。左バッターなら右手)主導でボールへバットを導きます。
6)インパクトを迎え、手首が返る。フォーロースルー。

下半身からの始動するスイングが良い理由

1)体にねじれが生まれる。

下半身と上半身の間にねじれが生まれることで、それを元に戻そうという力が働きます。この力を利用する事で、スイングに力とスピードを与えることになります。

2)下半身の始動と上半身の始動が別々(連動しますが)になることで「ため」をつくることができます。この「ため」の時間の分だけ、長くボールを見ることができるようになります。
動作の確認に効果的

まとめ

バットは腰で振れ!

バットを上半身で力任せに振ると、ドアスイングになる。

上半身だけで打っているように見えるメジャーリーグの選手も、
よく見ると、下半身と上半身を連動させてバットを振っている。
下半身からの始動は体のねじりを作る

上半身を一気に回転させることで、バットスピードを爆発的に高める起爆剤になる。

下半身からの始動するスイングが良い理由
1)体にねじれが生まれ、バットにパワーとスピードを伝えることができる。
2)「ため」ができ、その間の分だけボールを長く見ることができる。

コメント