ティーバッティングは本当に必要なのか?

野球

ティーバッティングはトスバッティングと並んで、どこのチームでもスタンダードな練習メニューのひとつとなっています。2人で練習できることもあり、フリーバッティングの前のスイング確認や、全体練習後の自主トレーニングなどで行われています。

しかし、このティーバッティングが不要というプロ野球選手もいるようです。

ティーバッティングは本当に必要なのか?

 

ティーバッティングとはどのような練習か?

ティーバティングもまた、トスバッティングと同様、
小学生からプロまで、必ずと言っていいほど行われている練習メニューのひとつです。
ティーバッティングには一般的に2種類の方法があります。

・バッティングティーを使う方法
・ボールをトスしてもらう方法

があります。

いずれの練習も、ボールをセンター方向に打ち返す練習です。

トスバッティングと同様、チームで行う練習のメニューとして
取り入れられていて、これも、「練習をこなす」状態になりやすく、つまらない練習と感じている方も多い事でしょう。

ですが、「ティーバッティング」に対しては「必要ない」という評価をする方は少ないようです。

ティーバッティングは必要ないと評する人も

私自身、ティーバッティングはなぜ行うのか、
自分の考えに基づいて練習していたので「必要ない」とは思いませんが、
調べてみると、名プレイヤーであり天才と呼ばれた落合博満氏はティーバッティングの事をこのように評価していました。

・実戦的ではない場所からトスがあがる
・ボールに良い回転を与える練習ができない
・フリーバッティングのための準備

簡単に言えば「実戦的ではないから必要ない」ということです。

とはいえ、
「自主トレーニングとしてティーバッティングをしない」
というのは個人の勝手ですが、ティーバッティングは多くのチームで取り入れられている練習メニューです。
同じ時間を使って練習するのですから、有効に効率的に行いましょう

ティーバッティングを行う意味

では、高校時代の私は「トスバッティング」と同じように、
「ティーバッティング」にどのような意味を持たせ、
どのような意識で練習したか説明したいと思います。

自分のバッティングフォームや感覚を確認する

一番オーソドックスなティーバッティングは、斜め前からトスを上げてもらい。センターに向かって打ち返す方法です。
(右バッターなら、向かって右斜め前。左バッターならその逆)
この練習は、簡単に言うと素振り練習の延長で、素振り練習で固めたバッティングフォームを実際にボールを打って確認したり、ボールを打つ感覚をチェックするために行います。

トスで上げられたボールをどのような意識で打つかがポイントです。

ここでの意識するポイントは、「点」でボールを確実に捕らえることです。

この練習は素振りの延長と位置付けているので、意識するポイントは「点」になります。

さらにポイントはもうひとつあります。
自主トレーニングで「素振り」を行うと思いますが、
どのように「素振り」をしていますか?
思いっきりフルスイングで振っているだけですか?
ここはティーバッティングについての解説なので、「素振り」について多くは触れませんが、普通(かどうかはわかりませんが)、色んなコース、急速、変化球をイメージして素振りしませんか?
イメージした点に対してどのように振りだせばボールに大きな力を与え打ち返せるか。

つまり、ヘッドスピードが最も速いタイミング(点)で正確にインパクトできるかを意識しながら素振りをしませんか?

そこに、ボールを加えた練習が自分にとってのオーソドックスなティーバッティングでした。

余談ですが、落合氏は「実戦的ではない」と言っています

 

実戦で、そんな場所からボールが飛んでくる?

来ないです。点で考えているので、どこから飛んでくるかは問題ではありません。

 

ボールに良い回転を与える練習ができないんじゃない?
(ボールを遠くに飛ばすための練習にならない)

おっしゃるとおりです。ですが、そのような目的でティーバッティングをしていません。

 

フリーバッティングのための準備なの?
実戦的ではないですよね?

素振りも、トスバッティングも、ティーバティングも
フリーバッティングのため、実践のための準備です。
自分がイメージするとおりにボールが打ち返せるかの確認をしています。

目的や意識で「ティバッティング」をする意味が変わってくることが
分かっていただけたでしょうか?

まとめ

私がここでお伝えしたティーバッティングの意味

素振り練習で固めたバッティングフォームを実際にボールを打って確認したり、ボールを打つ感覚をチェックするため

意識するポイント

「点」でボールを確実に捕らえる

さらに、

ヘッドスピードが最も速いタイミング(点)で
正確にインパクトできるか

目的や意識で「ティバッティング」をする意味が変わってくることを覚えておいてください。

コメント