苦手を克服!得意を伸ばす!いつものトスバッティングを自分なりに進化させよう!

野球

トスバッティングの時間をムダにしないために、どのようにトスバッティングをしたら良いのかを考えてみたいと思います。正確なバットコントロールを習得するためにも、是非参考にしてみてください。

 

関連ページ

トスバッティングは時間のムダ?
トスバッティングは、小学生からプロまで、必ずと言っていいほど行われている練習メニューですが、やればやるだけ時間のムダになってしまいがちな練習になってしまう可能性がありますが、本当にムダな練習メニューなのでしょうか?

トスバッティングの基本動作

まずはおさらい。トスバッティングとは、

相手から軽く投げてもらったボールをワンバウンドで打ち返す練習です。

基本的な目的や方法については、

トスバッティングは時間のムダ?
トスバッティングは、小学生からプロまで、必ずと言っていいほど行われている練習メニューですが、やればやるだけ時間のムダになってしまいがちな練習になってしまう可能性がありますが、本当にムダな練習メニューなのでしょうか?

こちらを参照してみてください。

トスバッティングすらうまくできないのに・・・・

バッティングに直接関係する練習といえば、
基礎的なものから実戦的なものまでいろいろな練習があります。

トスバッティング    ↑より基礎的
ティーバッティング
フリーバッティング
シートバッティング     ↓より実戦的

しかし、基礎的な位置づけの「トスバッティングが思うようにうまくできない」という現状にとらわれすぎて、他の打撃トレーニングをする事に意味を感じられなくり、結果、他の打撃練習に身が入らなくなってしまうのでは、その日のトレーニングがムダなものになってしまいます。

トスバッティングがうまくいかないうちに、
他の打撃練習をしてもよいのか?

基本に忠実な人であれば、そんな疑問を持つことになるでしょう。

そのような疑問を持つことは当然なのですが、チームに属していると、その日に行う練習メニューが決まっていますし、チーム練習は他のチームメートとも時間を共有して行うことが一般的なので、自分だけやりたい練習をするわけにもいきません

しゃあ、どうすればいいの?

ということになるのですが・・・・。

思い出してみてください。トスバッティングは、

ボールを見極めるための練習
バットコントロール技術の向上
自分の打撃ポイントの確認

でしたよね?

例えば、フリーバッティングの時、
何がうまくいって、何がうまくいかなかったのか?

ボールに当てるのが苦手だなぁ
外角にボールが来ると引っかけてボテボテのゴロになる
あそこでボールを捕えたら良い打球がとぶなぁ

 

など、その練習の時に得られた情報から、次回、他の基礎的要素の練習でどのようなういう練習をしたら良いか考えてみます

 

長所を生かし、短所を消す。です。

 

効率を追求しトスバッティングを進化させよう

実戦的な練習をしたとき、自分にとって

何が得意で、何が苦手なのか

それを克服するためには、今行っている練習にどのようにアレンジすればよいのか自分なりに考えてみてはどうでしょうか?

トスバッティングにアレンジを加える

「ボールに当てるのが苦手だなぁ」

当てることがが苦手であれば当てることに特化させたトスバッティングを行えばよいのです。

それでは当てることが苦手な理由を考えてみると・・・・・

ボールを見極めることが苦手
バットコントロールが苦手

他に、タイミングの取り方なども考えられますが、
この苦手な部分に特化させたトスバッティングはどのように行えばよいでしょうか?

向かってくるボールの、左右高低、軌道、速さなどの情報を速く察知する「視覚的な部分」に特化させればよいのです

たとえば、「オープンスタンス」です。

オープンスタンスは他のスタンスに比べて、視覚的に入ってくる情報が多いことが知られています。

トスバッティングは時間のムダ?
トスバッティングは、小学生からプロまで、必ずと言っていいほど行われている練習メニューですが、やればやるだけ時間のムダになってしまいがちな練習になってしまう可能性がありますが、本当にムダな練習メニューなのでしょうか?

ここで否定していたのに、今度は肯定かと思われる方も居るかもしれませんが、「視覚的な情報」を捕らえるの苦手なのであれば、その情報を得るために必然的にとらざるを得ないスタンスだと考えるからです。

慣れてきたら少しずつスクエアスタンスに戻していき、自分にしっくりくるスタンスを選択すればよいのです。(ちなみに私は、常にこのような試行錯誤をして、クローズドスタンスからオープンスタンスまで練習していたので、相手ピッチャーの球筋などに応じて使い分けていました。)

まとめ

トスバッティングなどの基礎的な練習は実戦的な練習ではない。

実戦的な練習から自分の得意・不得意を見極め、以降の基礎練習に生かす。

得意なことをさらに得意、かつ確実にできるよう

苦手なことをつぶして、苦手意識をもたなくなるよう

行うもので、アレンジを加え、バリエーションを増やすことで、いろんな対応ができるようになる。

コメント